学校ボランティアとは

学校でのボランティア活動

学校ボランティアのすすめ

皆様は公立学校の学習支援ボランティアはご存知ですか?先生を目指している学生が大学の斡旋で派遣されるものが多いと思います。しかし、一般の方もお住まいの地域の教育委員会や生涯学習センターにお問い合わせすると参加することができます。教育委員会などでメンバー登録すれば、希望する案件で奉仕することができます。ボランティアなので収入を得ることができませんが、それ以上の充実感を得ることができます。あくまでも無償のため、純粋に子供とふれあい、教育に携わることができるので子供が好きな方にとってはまさに学校でのボランティアはうってつけでしょう。

支援ボランティアのメリット

少子化で生徒数が減少する一方で、教師の業務内容は激化しています。特に部活動、登下校の見守り、保護者への対応など、授業外での業務の負担が大きくなっています。こうした教師の負担を軽減するために、地域住民が学校支援ボランティアとしてサポートするシステムが広がりつつあります。このシステムの導入によって、教師が授業の準備に専念できるようになります。しかし、スタッフ同士の連携が取れない場合、本来の意図に反して教育活動を妨げてしまう恐れがあります。また守秘義務のため外部に公開できない情報もあり、すべての面でスタッフが協力できるわけではありません。こうした行き違いを防ぐため、地域のボランティアを募集する際には、募集する活動内容を学校側があらかじめ明確にし、連携体制を整えておくことが必要です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 学校と地域活動の連携 All rights reserved